タチウオジギングのジグは「コペルニクス」がおすすめ

タチウオジギングのジグは「コペルニクス」がおすすめ

タチウオジギングのジグ「コペルニクス」についてご紹介しています。

 

タチウオジギングと言えば、「ワンピッチジャーク」など誘いをかけないと釣れないというイメージが強いと思います。

 

シャクリとフォールが基本です。

 

もちろん、ただ巻きでも釣れることはありますが。

 

 

「コペルニクス」は、タチウオジギングの常識を覆したと話題になっています。

 

どういうことかと言うと、「コペルニクス」を使うと、ただ巻きだけで釣れるというのです。

 

つまり、シャクリやフォールはまったく必要ないのです。

 

 

タチウオジギングに限らず、ジギングはうまく誘わないと、魚はなかなか思うように食ってくれません。

 

そのため、どちらかと言えば釣り初心者には敷居が高い釣りでした。

 

しかし、ただ巻きだけでも釣れる「コペルニクス」の登場により、初心者でも気軽に行えるようになりました。

 

 

では、実際に「コペルニクス」では、どのように釣ればよいのでしょうか?

 

釣り方は、本当にシンプルです。

 

船長から指示があった棚の間をただ巻き上げたるだけです。

 

指示棚の上まで来たら、また沈めてただ巻きします。

 

これを繰り返すだけです。

 

もちろん、シャクリや誘いのためのフォールは行いません。

 

本当にただ巻き上げるだけです。

 

巻き上げの速さは、1〜2秒で1m巻くぐらいでよいです。

 

ただ、巻き上げる速さはその時の状況により、変える必要はあります。

 

こちらに参考動画あります。

 

 

「コペルニクス」は、瀬戸内での釣りをメインに考えて作られたジグです。

 

もちろん、他の地域でも大きな戦力になります。

 

水深100mぐらいまで使えるようです。

 

いろいろなカラーや重さのものが販売されています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

「コペルニクス」について楽天で調べる!

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)のテンビン釣り 仕掛けと釣り方

ホーム