太刀魚(タチウオ)の船ジギングロッド(タックル) &リール

太刀魚(タチウオ)の船ジギングロッド(タックル)&リール

太刀魚(タチウオ)の船ジギングロッド(タックル)&リール について説明します。

 

 

太刀魚の船ジギングロッド

5〜6フィートの軟調子のものが、主流となっています。

 

硬いロッドは避けた方がよいです。

 

それは、シャクった時にジグを弾いてしまうためです。

 

弾いてしまうと、スレかかりしやすくなります。

 

 

 

おすすめは、太刀魚専用ロッド(対象魚として太刀魚が挙がっていればOK)です。

 

テンヤ用のロッドも代用可能です。

 

 

専用ロッドでなくても、使えるロッドはいろいろとあります。

 

柔らかい青物用のロッドバスロッドは流用できます。

 

ただ、バスロッドはグリップが短いため、非常に釣りにくいです。

 

特に、手首への負荷はかなり大きくなります。

 

そう考えると、専用ロッドの方がよさそうです。

 

 

太刀魚ジギング初心者におすすめのロッドはこちらです。

 

比較的リーズナブルなお値段で手に入ります。

 

これらのロッドでやってみて、今後よりよいロッドを探してみてはいかがでしょうか?

 

 

乗せ重視のロッドです。

 

初心者にはこちらの方がおすすめです。

 

 

 

掛け重視のロッドです。

 

乗せ重視のロッドを使いこなせるようになれば、挑戦してみるとよいです。

 

 

 

他にも、おすすめのロッドはあります。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

太刀魚のおすすめ人気の船ジギングロッド

太刀魚用のジギングロッドはたくさんあります。

 

次のようなロッドがよく使われているようです。

 

ご参考までに。

 

メーカー ロッド名 特  徴

メジャー
クラフト

ソルパラ

人気のソルパラシリーズのジギング用ロッドです。安価なため入門用におすすめです。

 

(メーカーHP)ソルパラ

 

ダイワ ブラスト BJ

操作性・パワーを兼ね備えたジギング用ロッドです。

 

(メーカーHP)ブラスト BJ

 

ダイワ ソルティガ BJ

人気のソルティガシリーズです。好みや釣り方によっていろいろ選べます。

 

(メーカーHP)ソルティガ BJ

 

シマノ グラップラー

クセがなく扱いやすいので、長時間の使用しても疲れません。

 

(メーカーHP)グラップラー

 

シマノ ソルティーアドバンス

繊細な当たりも逃さず、しっかりと誘って掛ける操作性を追求したロッドです。

 

(メーカーHP)ソルティーアドバンス

 

バレーヒル ドラゴンスティック

非常にジャークしやすく、握りやすいグリップが特徴のロッドです。

 

(メーカーHP)ドラゴンスティック

 

 

アマゾンでおすすめの竿を見る!

 

 

太刀魚(タチウオ)の船ジギングで使えるリール

太刀魚の船ジギングで使えるリールとライン

リールには、スピニングリールと両軸リールがあります。

 

スピニングリールでも問題はありませんが、おすすめは両軸リールです。

 

バス用のリールなどを流用しても構いません。

 

ラインはPE0.8〜1号を巻くとよいです。

 

個人的には、0.8号を200m巻いておけばよいと思います。

 

釣りに行く場所によっては、300m巻いておいた方がよいです。

 

 

後は、それに対応しているリールを探せばよいです。

 

なお、ナイロンやフロロカーボンは伸びてしまって、ジグをうまく操作できませんのでやめておいた方がよいです。

 

感度の面でも、PEの方が優れています。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)の船ジギング仕掛け(ルアー、リーダー、フックなど)

ホーム