太刀魚(タチウオ)の探り釣り仕掛けと釣り方

太刀魚(タチウオ)の探り釣り仕掛けと釣り方

太刀魚(タチウオ)の探り釣り仕掛けと釣り方についてご紹介しています。

 

探り釣りとは、仕掛けを表層から沈めながら誘う釣り方です。

 

表層付近を泳いでいる太刀魚を釣るのに効果的な釣り方です。

 

 

仕掛けは次のとおりです。

 

太刀魚釣り 探り釣り

 

竿は、2mほどのエギングロッドなどが使いやすいです。

 

4〜4.5mの磯竿(2〜3号)でも構いません。

 

 

 

 

 

リールは、2500〜3000番がおすすめです。

 

 

 

 

道糸はPE2〜3号を使います。

 

ナイロン2〜3号でも問題ありません。

 

 

エサは、イワシやキビナゴを付けるとよいです。

 

詳しくはこちらを!

 

 

スポンサーリンク

 

 

<釣り方>

 

まず、仕掛けを投入します。

 

軽くキャストしてもよいし、すぐ目の前に沈めてもよいです。

 

仕掛けは軽いので、ゆっくり沈んでいきます。

 

それがよい誘いになります。

 

太刀魚は、落ちてくるものに非常に興味を示すためです。

 

水中ライトが見えなくなるまで沈め、その後明かりが見えるぐらいまで上げます。

 

これを繰り返し、当たりがなければエサを確認します。

 

釣れない場合は、ポイントを変えるなど工夫します。

 

 

探り釣りでも、中層や下層を狙うことができます。

 

しかし、ゆっくりしか沈まないので、中層や下層を狙うのには不向きです。

 

中層や下層を狙うのなら、引き釣りの方が効率がよいです。

 

状況に応じて、釣り方を変える必要があります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)釣り釣果情報 兵庫県洲本沖 2017年9月27日

ホーム