太刀魚(タチウオ)の生態と習性

太刀魚(タチウオ)の生態と習性

ここでは、太刀魚(タチウオ)の生態と習性について説明します。

 

太刀魚の全長は、70cmから1.5mぐらいです。

 

もっと大きいものもいるようです。

 

分類は「スズキ目 サバ亜目 タチウオ科」です。

 

「太刀魚」という名前の由来は、体全体が太刀に似ているからという説と、立ったまま泳ぐことからという説があります。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り 習性

 

 

太刀魚の習性は、いくつかあります。

 

夜行性

 

昼間は、沖の深いところにいます。

 

夕方になると、岸に近づいてきます。

 

この時、非常に活性が高いです。

 

夜になると、若干活性が落ちますが、また朝方に活性が高くなります。

 

 

獰猛で何でも食べる

 

性格は非常に獰猛です。

 

イワシなどの魚から、イカや甲殻類など、何でも食べます。

 

 

自分よりも上にあるものにしか興味を示さない

 

太刀魚は、自分よりも下にあるものには興味を示しません。

 

これは、太刀魚が立って泳いでいるからかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)釣りの時期及び時間帯

ホーム