太刀魚をルアーで狙う際の釣り方は?ショアジギング編

太刀魚をルアーで狙う際の釣り方は?ショアジギング編

太刀魚をショアジギングで狙う際の釣り方についてご紹介しています。

 

ショアジギングと言えば、ハイピッチでガンガン巻き上げて誘うというイメージがあるかもしれません。

 

しかし、太刀魚釣りではこういった釣り方はしません。

 

あまり速く巻くと、太刀魚がジグに食いつけないためです。

 

仮に食いついてきたとしても、うまくフッキングできないことが多いです。

 

そのため、太刀魚釣りでは基本的にスローで誘いをかけます。

 

 

ここでは、日中における釣りを想定しています。

 

日中は、太刀魚は沖の深場にいます。

 

そのため、できるだけ遠くへキャストしなければなりません。

 

深場を中心に誘いをかけます。

 

 

主な誘い方は2つあります。

 

1つは、スローのただ巻きです。

 

ただ巻きとは、一定の速さで巻くだけのことです。

 

これをスローで行うのです。

 

軽くシャクリながら巻いてくるのも効果的です。

 

速く巻きすぎると、太刀魚が食ってこれませんので注意が必要です。

 

青物を狙うのなら、少し速めに巻いてやると食ってきます。

 

ショアジギング 太刀魚 ただ巻き

 

 

もう1つは、リフト&フォールです。

 

リフト&フォールとは、ジグをシャクり上げて沈めることです。

 

この時のフォールは、テンションフォール(ラインをピンと張って沈めること)を採用します。

 

リフト&フォールも、できるだけスローで行います。

 

深場から、ジグが浮き上がらないように注意します。

 

ショアジギング 太刀魚 ただ巻き

 

 

この他にも、誘い方はあります。

 

まずは、この2つをマスターすることに専念するとよいです。

 

その後、アレンジを加えるなど、自分なりの誘い方を見つけてください。

 

ただ、太刀魚を釣る時は、スローが基本だということだけは忘れてはいけません。

 

 

太刀魚 ルアー 釣り方

 

夜釣りの釣り方についても、少し解説しておきます。

 

日中は沖の深場を攻めると述べましたが、夜釣りでは近場の表層から中層を攻めます。

 

夜になると、浮いて接岸してくることが多いためです。

 

 

釣り方としては、次のようになります。

 

まず、軽くキャストします。

 

狙う棚までルアーを沈めます。

 

基本的には、2〜3回巻いて軽くシャクリを入れる誘い方でよいです。

 

これをスローで繰り返します。

 

小刻みにシャクリを入れながら巻いてきてもよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚をバイブレーション(ルアー)で狙う際の仕掛け

ホーム