太刀魚(タチウオ)の締め方

太刀魚(タチウオ)の締め方

太刀魚の締め方についてご紹介しています。

 

釣った魚を締めると、食べた時の食感や味がまったく異なります。

 

せっかく釣った魚なので、誰しも美味しく食べたいと思うのが当然です。

 

 

ブリなどの青物については、締めて持って帰るという話をよく聞きます。

 

青物なら、血抜きか神経締めにより締める方法がよく使われます。

 

 

血抜きは、エラなどを切って血を抜く方法です。

 

これにより、生臭さがなくなります。

 

神経締めは、尻尾の付け根に切り込みを入れて、背骨と身の間の神経が通っている場所に専用のワイヤーを突っ込みます。

 

これにより、身がしっかりします。

 

締めによる効果は、私の感想なので、実際のところどうかはわかりません。

 

そのため、私は血抜きと神経締めの両方を行っています。

 

もちろん、氷締めも行っておきます。

 

 

では、太刀魚についてはどうなのでしょうか?

 

太刀魚も、締めた方がおいしく食べられると言われています。

 

魚の形が独特なだけに、締め方がわかりづらいです。

 

 

締め方は次のとおりです。

 

キッチンバサミやプライヤーなどを使って、頭の上側(目の少し上の部分)を切ります。

 

あるいは、サバの首折りの要領で頭の上側(首)を折ります。

 

これだけでも十分ですが、念のためエラも切っています。

 

太刀魚の締め方

 

 

後は、クーラーボックスに冷やして持って帰るだけです。

 

氷が体に直接当たらないように注意してください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りに必要な釣り具

ホーム