太刀魚釣りで使うテンヤのおすすめ

太刀魚(タチウオ)釣りで使うテンヤの選び方

太刀魚釣りで使うテンヤの選び方についてです。

 

太刀魚釣りの人気の高まりにつれて、各メーカーからいろいろなテンヤが販売されるようになりました。

 

従来のテンヤと言えば、グロー(夜光塗料)のテンヤだけでした。

 

しかも、シルエットはよく似た物ばかりで、正直選ぶというほど種類がありませんでした。

 

それが、今ではシルエット・カラーが豊富となりました。

 

 

シルエットで選ぶ

シルエットで重要なのは、大きさです。

 

活性が高い時は、シルエットの大きさに関係なく、何でもよく食ってきます。

 

しかし、活性が低い時はショートタイプ(全長が短い)のテンヤに、小さめのエサを付けるとよいことがあります。

 

テンヤだけ小さくしても、エサを小さくしないとあまり意味がありません。

 

エサを小さくするために、イワシなどの頭を切り落としてもよいです。

 

エサを含めたテンヤのシルエットを小さくしないといけません。

 

もちろん、いつもシルエットを小さくすればよいというわけではありませんが。

 

 

カラーで選ぶ

以前は、ヘッドはグローのものしかありませんでした。

 

それが、今ではいろいろなカラーのものが出てきました。

 

紫やゴールド、シルバー、イワシカラーのものなど。

 

グローのあるなしで使い分けるとよいです。

 

高活性時には、グローありを使います。

 

一方、低活性時にはグローなし(弱い)を使います。

 

もちろん、絶対ではありませんが。

 

テンヤのカラーは、グローのあるものとない(弱い)ものを使い分けるようにします。

 

どちらの反応がよいか調べてみるとよいです。

 

 

姿勢で選ぶ

最近は、テンヤの水中での姿勢に工夫が加えられているものがあります。

 

ほとんどが水平姿勢なのですが、少し後傾姿勢のものが出ています。

 

後傾姿勢にすることで、掛かりがよくなります。

 

掛かりやすい分、口先にかかることが多いです。

 

頬にかかるよりはバレやすいかもしれません。

 

もちろん、口先でもしっかり掛かっていればほとんどバレることはありません。

 

食いが渋い時は、後傾姿勢のものを試してみるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

今もっとも気になっているのが、ダイワ 快適船タチウオテンヤSSです。

 

このテンヤには、リーダーを取り付けるところが2つあります。

 

付け方によって、水中でのテンヤの姿勢が変わります。

 

上でご紹介した後傾姿勢にもなります。

 

太刀魚釣り テンヤ

 

 

 

他にも、いろいろあります。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りの仕掛け

ホーム