太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのリール及びPEの選び方

太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのリール及びPEの選び方

太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのリール及び、PEの選び方について説明します。

 

一般的には、スピニングリールより、両軸リールの方が釣りやすいと言われています。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り 両軸リール

 

船のテンヤ釣りでは、電動リールを使う人が多いです。

 

浅いポイントについては手巻きリールを、深いポイントについては電動リールを使うというように、使い分けてもよいです。

 

私は、電動リールで釣りをしています。

 

シーボーグ300FBを使っています。

 

私がよく行く乗合船でも、ほとんどの人が電動リールを使っています。

 

電動リールの方が手返しが早いので、いろいろと便利です。

 

スポンサーリンク

 

 

電動リールは、ダイワなら200サイズか300サイズがよいと思います。

 

道糸を巻く量が、1つの目安になります。

 

両軸リールのサイズも、糸巻量で判断すればよいです。

 

 

 

 

アマゾンで他の電動・両軸リールを見る!

 

 

シマノのフォースマスター400/401を使っている釣り人も多いようです。

 

非常に軽量で、親指ですべての操作が行えるという優れものです。

 

 

 

「プレイズ400」は、ライトゲームに使えるように作られたリールで、太刀魚釣りにピッタリです。

 

 

 

 

道糸には、PEを使います。

 

船のテンヤ釣りでは、PE3〜5号を使います。

 

 

私は4号を使っています。

 

寒くなっていくとポイントの水深が深くなることから、糸巻量は最低でも200m以上は欲しいですね。

 

鋭い歯でPEを切られてしまう恐れがありますからね。

 

道糸が短くなり過ぎると、ポイントの水深まで沈められず、釣りをすること自体ができなくなってしまいます。

 

 

少し前に、12本ヨリのPEが登場しました。

 

「メガセンサー12ブレイド」がおすすめです。

 

 

 

メガセンサー12ブレイドの他の号数、長さを見る!

 

 

8本ヨリのPEより、感度やラインの滑りなどがアップしました。

 

そのため、2号や3号のPEでも、安心して使用できます。

 

それに伴い、電動リールについてもレオブリッツ150Jなども使えるようになりました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)釣りで使うテンヤの選び方

ホーム