太刀魚をバイブレーション(ルアー)で狙う際の釣り方

太刀魚をバイブレーション(ルアー)で狙う際の釣り方

太刀魚をバイブレーションで狙う際の釣り方についてご紹介しています。

 

バイブレーションで太刀魚を狙う際、考えておかないといけないことがあります。

 

それは、棚(レンジ)についてです。

 

闇雲にルアーをキャストして巻いてくるだけではいけません。

 

太刀魚は、どの棚にいるのかを予想し、そこを中心に探らないといけません。

 

太刀魚がいない棚ばかりを攻めてもなかなか釣れません。

 

 

どの棚を攻めるのか決まったら、あとは実践です。

 

基本的な釣り方は、ただ巻きです。

 

文字どおり、ただ巻いてくるだけです。

 

バイブレーションは巻くだけで、ボディが振動するなど誘いがかかるようになっています。

 

そのため、初心者でも簡単に扱えるルアーと言われています。

 

当たりがなければ、巻く速さを変えます。

 

中層〜表層を狙う時は、ただ巻きがよいです。

 

中層を狙う時は、深さを把握するため、カウントダウンする方法(ルアー着水後沈んだ時間を数える方法)がよく用いられています。

 

太刀魚釣り バイブレーション

 

 

他に、リフト&フォールで誘う釣り方もあります。

 

ルアーを跳ね上げた時やフォール中に食ってくることが多いです。

 

フォール中は、ラインを張っておくと、当たりがわかりやすく、合わせやすいです。

 

釣れない時は、跳ね上げる際の強さや高さなどに変化を付けるとよいです。

 

底から誘ってくる時は、リフト&フォールがよいです。

 

 

当たりがあった時は、合わせるのですが、それほど強く合わせなくてもよいです。

 

むしろ、強く合わせない方がよいかもしれません。

 

太刀魚の鋭い歯に当たって、リーダーが切れてしまう恐れがあるためです。

 

 

どちらの釣り方でも、釣れない時は棚と誘い方についていろいろ工夫するとよいです。

 

最悪、バイブレーションから、ミノーやワインドなどへの変更を考えます。

 

臨機応変に対応できるように、どのような釣りでもできるようにしておきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)のウキ釣り (ロッド、仕掛け、タナ、エサなど)

ホーム