太刀魚(タチウオ)のワインド 釣り方及び時間、アクション

太刀魚(タチウオ)のワインド 釣り方及び時間、アクション

太刀魚(タチウオ)のワインドでの釣り方及び時間について説明します。

 

時合の時は、すぐ目の前で釣れることがありますが、それ以外は遠投する必要があります。

 

ポイントとしては、小魚が集まりやすい潮目やヨレのあるところが狙い目です。

 

 

太刀魚釣り ワインド

 

 

まず、遠投します。

 

その後、探りたい棚までルアーを沈めます。

 

そのため、ルアー着水後はしばらくフリー状態で沈んでいくのを待ちます。

 

 

時間帯により攻める棚が変わります。

 

こちらを参考にしてください。

 

時期や年によっても違うかもしれませんが、夕方は午後4時前後から釣るのがよいです。

 

明るい間は、底の方を攻めます。

 

暗くなるにつれて、上層を攻めていきます。

 

 

朝方は、夜明けの1時間前ぐらいから釣るとよいです。

 

夕方と反対なので、暗いうちは上層、明るくなるにつれて底の方を攻めます。

 

 

大物は底にいることが多いので、大物を狙うのならセオリーを無視してでも底を攻め続けるとよいかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

自分が思った棚までルアーが沈めば、糸ふけを取り、誘い始めます。

 

基本的な誘い方は、1回シャクリを入れてリールを1回転巻く(ワンピッチジャーク)です。

 

これにより、ジグヘッドがダートします。

 

これをひたすら繰り返します。

 

 

もし釣れない時はシャクリ方(速さや幅など)を変えたり、巻き上げる速さを変えたりと、いろいろと試してみてください。

 

力強くシャクッて釣っている映像をよく見かけますが、必ずしもそのように釣るのがよいとは限りません。

 

軽くシャクる程度で、釣れる日もあります。

 

 

ダートアクションで反応がなければ、ただ巻きで引いてくるのも効果的です。

 

一定の速さで巻いてくるだけなので簡単です。

 

どちらがよいかわからない時は、交互に行ってみて、太刀魚の反応を確かめてみるとよいです。

 

 

ワインドでの太刀魚釣りは、いかに早く食ってくるパターン(アクション)を掴めるかがカギです。

 

同じ動きを繰り返すのではなく、変化付けることで食ってくることが多いです。

 

あとは、太刀魚がいる棚がわかれば爆釣も夢ではありません。

 

 

誘う速さについて

 

暗いうちは、基本的にゆっくりとした小刻みな(振り幅が小さい)シャクリとフォールで食わせます。

 

明るくなると、キビキビした(振り幅が大きい)ジャークで誘ってもよいです。

 

参考にしてみてください。

 

 

 

その日によって、釣れる誘い方は異なります。

 

釣れる誘い方を早く見つけられれば、数が大きく伸びることも。

 

考えてばかりせずに、とにかくやってみることが大切です。

 

 

誘い方だけではなく、ワームのサイズやカラーを変えると、食ってくるようになることがあります。

 

ジグヘッドの重さを変えるのも効果的です。

 

重さを変えると、フォールスピードが変わります。

 

それにより、太刀魚の反応がよくなることもあります。

 

 

こちらが参考になりますよ。

 

 

夕方や朝方の明るい時間帯は、捕食モードに入っていないので、キレのある速いアクションが有効です。

 

一方、暗くなって、捕食モードに入いると、ゆっくりめのアクションが効果的です。

 

時間帯によっても、誘い方を工夫するとよいかもしれません。

 

 

ケミホタルが、釣果に影響することがあります。

 

グリーン系とレッド系の2種類があり、グリーン系の方がよく釣れるように感じます。

 

グリーン系は光量が強いので、太刀魚が好反応を示すのではと考えています。

 

ただ、いつもグリーン系がよいのかと言えば、レッド系がよい時もあります。

 

そのため、釣れない時はケミホタルのカラーをチェンジしてみるのもよいです。

 

 

また、カラーだけではなく、光量によって食いが変わることも。

 

光量が落ちて食わなくなったり、逆に食うようになることがあります。

 

釣れない時には、ケミホタルも工夫してみてみるとよいです。

 

 

 

この釣り方は、太刀魚が釣れるところなら、よほどのことがない限りどこでも行えます。

 

エサ釣りよりもよく釣れると、今大人気の釣り方です。

 

防波堤で、太刀魚を狙うのであれば、知っておいても損はしないと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「スローワインド釣法の仕掛けと釣り方

ホーム