太刀魚のドラゴン級の釣り方【船テンヤ】

太刀魚のドラゴン級の釣り方【船テンヤ】

太刀魚のドラゴン級の釣り方についてご紹介しています。

 

船からのテンヤ釣りでドラゴン級を狙うことは可能です。

 

もちろん、絶対に釣れるわけではありませんが、やってみる価値はあると思います。

 

 

太刀魚のドラゴン級とは

太刀魚のドラゴン級とは、どのような大きさの太刀魚のことを指すのでしょうか?

 

実際のところ、ドラゴン級についての明確な定義があるわけではありません。

 

ただ、大阪湾では次のような大きさの太刀魚のことをドラゴン級と呼んでいます。

 

  • 体長が120cm以上である
  • 重量が1.2Kgを超える
  • 幅が指5本以上である

 

大型になればなるほど、警戒心が強くなります。

 

そのため、小型に比べれば釣りにくいです。

 

太刀魚のドラゴン級の釣り方

 

 

太刀魚のドラゴン級を狙うためのタックル

まず、タックルについてみていきます。

 

ロッドは、掛け重視にするか、乗せ重視にするかで変わってきます。

 

これは、ドラゴン級を釣る場合だけの話ではありません。

 

テンヤ釣り全般に言えることです。

 

 

掛け重視でいくなら、短めで硬いものがおすすめです。

 

逆に、乗せ重視でいくなら、長めで柔らかいものがよいです。

 

どちらのスタイルにするかは、状況をみて判断するのがベストです。

 

ただ、どちらか1つを選ぶのなら、乗せ重視でいくのが無難です。

 

 

ドラゴンの強烈な引きにぴったりのロッドです。

 

柔らかめの方がバラシが減ります。

 

 

 

リールは、電動リールが必須です。

 

手巻きリールでもできなくはありません。

 

ただ、自動巻き上げ機能を使って誘えるのは大きな利点です。

 

さらに、深場での空巻き上げは本当に楽で、手返しを早くすることができます。

 

電動リールを使わない理由がありません。

 

 

ラインは、PEの2〜3号でよいです。

 

ドラゴン級を狙うからと言って、特別に太いラインを用意する必要はありません。

 

 

太刀魚のドラゴン級を狙うためのコツ

太刀魚のドラゴン級を狙うためのコツはいくつかあります。

 

狙う棚

狙う棚は、指示棚より下の方(底付近など)がおすすめです。

 

下がダメなら、逆に指示棚よりも上の方を狙ってみるとよいです。

 

 

狙い時

潮の変化がある時がおすすめです。

 

具体的には、潮が流れ出す時止まる直前です。

 

2枚潮などで潮がヨレている時も狙い目です。

 

 

誘い方

指示棚より下の方を狙う場合は、ゆっくりのただ巻きか、スローのストップ&ゴーがおすすめです。

 

指示棚より上の方を狙う場合は、速めのストップ&ゴーで誘います。

 

ドラゴン級を狙いたいのであれば、シェイクやジャークはNGです。

 

テンヤを速く細かく動かすと、大型の前に小型が食ってしまいます。

 

これでは、小型ばかりが釣れてしまいます。

 

数釣りに徹するのであれば、これでもよいでしょうが、大型狙いには向きません。

 

 

当たり

ドラゴン級の当たりともなると、強烈な当たりなのではと思われる方がいると思います。

 

もちろん、一気にロッドを持っていかれるような大きな当たりもあります。

 

しかし、ほとんどが非常に小さな当たりです。

 

警戒心が強いので、一気に喰い込むことをしないのです。

 

 

テンヤのカラー

ドラゴン級を釣るのに適したカラーというのはありません。

 

つまり、このカラーを使えば、ドラゴン級が必ず釣れるというものはありません。

 

では、何の意図もなく適当にカラーを選べばよいのでしょうか?

 

そうではありません。

 

太刀魚の反応をみながらテンヤのカラーを変えていくのです。

 

まず、はじめはグロー系(緑色に発行するもっともポピュラーなもの)で始めます。

 

そのテンヤで、小型ばかりが釣れる場合は、夜光塗料の少ないテンヤを使用します。

 

あるいは、無発光のものを使います。

 

このようにすることで、小型があまり反応しなくなり、警戒心の強い大型が食ってくる可能性が高まります。

 

カラーというよりは、夜光塗料の配分が重要です。

 

 

テンヤのサイズ

テンヤのサイズはできるだけ小さい方がよいです。

 

シルエットが小さいと、太刀魚の警戒心が薄れるためです。

 

フォールスピードは速い方が太刀魚のスイッチが入りやすいです。

 

シルエットが小さくてフォールスピードが速いということになれば、素材は1つしかありません。

 

それは、タングステンです。

 

高密度なので、同じサイズなら鉛よりもタングステンの方が重いです。

 

タングステンのテンヤは、1個につき4,000〜5,000円と非常に高額です。

 

それが、最大のデメリットです。

 

ドラゴン級を釣るために、思い切って購入できるかです。

 

 

エサ

エサのおすすめは、イワシです。

 

イワシは丸ごと1匹をテンヤに付けるので、警戒心の強い大型に違和感を与えません。

 

基本的には、大型狙いならイワシで粘ってみるとよいです。

 

ただ、イワシでの反応がイマイチの場合は、異なるエサを使うことを検討してもよいでしょう。

 

このような時には、サンマの切り身でよく釣れることがあります。

 

しかし、サンマの切り身は脂分が強いため、好奇心の強い小型が先に食ってしまいます。

 

そのため、釣れても小型ということが多いです。

 

釣れないよりはマシですが。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのエサの種類及び付け方

ホーム