太刀魚テンヤのショアでの仕掛け【エサ】

太刀魚のシーズンが到来すると、堤防などからもたくさん釣ることができます。

 

人気のワインドだけではなく、エサ釣りでも楽しめます。

 

ここでは、太刀魚テンヤのショアでの仕掛けについてご紹介しています。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

太刀魚テンヤ(ショア)の仕掛けと釣り方

 

 

ロッド

 

ロッドはワインドロッドシーバスロッドなどのルアーロッドを使います。

 

長さは10フィート前後を使います。

 

投げテンヤで使うロッドと同じでOKです。

 

投げテンヤで使うロッドはこちら!

 

 

リール

 

リールはスピニングリールを使います。

 

サイズは2500番がおすすめです。

 

ワインドで使うリールと同じでOKです。

 

ワインドで使うリールはこちら!

 

 

道糸

 

道糸はPEの1〜1.5号を使います。

 

 

リーダー

 

リーダーはフロロカーボンの4〜5号を使います。

 

 

発光体

 

発光体はケミカルライトの50mmを使います。

 

カラーはグリーンです。

 

 

テンヤ

 

テンヤは20gを使います。

 

明るいうちは、速く動いて重いテンヤへの反応がよいです。

 

 

 

太刀魚テンヤのショアでのエサは?

太刀魚テンヤのショアでのエサについてご紹介しています。

 

エサはキビナゴ冷凍ドジョウを使います。

 

テンヤの針にエサを刺します。

 

針金を巻き付けて、しっかり固定すればOKです。

 

針金を使わない、ワンタッチで取り付け可能なテンヤもあります。

 

夕方は、タチウオの活性が高いので大きいエサがおすすめです。

 

ドジョウを使うとよいです。

 

ドジョウは長いので、アシストフックを使った方がよいです。

 

 

太刀魚テンヤのショアで釣り方

太刀魚テンヤのショアで釣り方についてご紹介しています。

 

まず、仕掛けをキャストします。

 

着水後、すぐにベイルを返して糸ふけを取ります。

 

その後、10カウント何もせずにテンヤを沈めます。

 

カウントは、場所や状況によって異なります。

 

ここでは、夕方なので底付近を狙っています。

 

暗くなると、タチウオが浮いてくるのでもっと上のタナを狙うとよいです。

 

タチウオがどのタナにいるのかを探れるかどうかで釣果が変わってきます。

 

 

沈めば、一定の速さで巻いてきます。(ただ巻き

 

巻いては止めてを繰り返してもOKです。

 

途中でシャクリを入れるのも効果的です。

 

ちょっとした変化を付けて誘ってくるようにします。

 

 

日が沈むと、タチウオは速い誘いでは喰わなくなることが多いです。

 

ゆっくり巻くようにします。

 

フォールスピードを遅くするために、テンヤを軽くするのも効果的です。

 

目の前で喰うことがあるので、目の前まで巻いてきても油断しないようにします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「太刀魚をルアーで狙う際のロッド・リール・ラインは?ショアジギング編

ホーム