太刀魚のミノーでの釣り方

太刀魚のルアー釣りと言えば、ジギングのイメージが強いです。

 

しかし、ミノーやシンキングペンシルでも釣ることができます。

 

 

ミノーとシンキングペンシルなら、ミノーを先に使います。

 

アピール力の強いミノーで、高活性な太刀魚を狙っていった方が効率がよいためです。

 

 

はじめに、太刀魚のミノーでの釣り方についてご紹介します。

 

常夜灯周辺を探ります。

 

光の明暗に対して次のように攻めます。

 

  • 暗い → 明るい
  • 明るい → 暗い
  • 明暗の境目を通す

 

この3パターンがもっとも喰ってきやすいです。

 

 

太刀魚のアタリがなかったり、小型ばかりしか食ってこない場合は、沖の方の暗がりを狙うとよいです。

 

仕掛けをキャストします。

 

狙いのレンジまで仕掛けを沈めます。

 

表層なら着水後すぐに誘います。

 

 

ミノーは、ただ巻きだけでもアクションするものがあります。

 

そう言ったものであればただ巻きでもよいです。

 

他には、トゥイッチジャークでミノーを動かしてアピールするとよいです。

 

ミノーのタイプで誘い方が変わります。

 

スポンサーリンク

 

 

太刀魚のシンキングペンシルでの釣り方

シンキングペンシルは、活性の低い場合におすすめです。

 

ナチュラルな波動で太刀魚にアピールできるためです。

 

カウントダウンで好きなレンジに沈めて探れるのも大きな魅力です。

 

 

釣り方についてです。

 

レンジは上から下へ狙っていくのがセオリーです。

 

そのため、水深1〜2mからはじめます。

 

そのレンジをキープしながらゆっくり引いてきます。

 

たまに軽くトゥイッチを入れます。

 

そうすると、不規則な動きでアピールできて効果的です。

 

 

 

ミノーでもシンキングペンシルでも当たりがあれば、積極的に合わせていきます。

 

明らかな当たりは少ないことが多いです。

 

そのため、小さなわかりにくい当たりでも合わせていかないと、なかなかフッキングまで持ち込むことは難しいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「太刀魚をライトタックルで狙う!仕掛けと釣り方

ホーム