ドラゴンベイト(オーナーばり)での釣り方!エサの取り付け方は?

オーナーばりのドラゴンベイトでの釣り方についてご紹介しています。

 

ドラゴンベイトは、メタルジグなのですが、エサを巻きつけて使います。

 

エサとしては、サンマの切り身がおすすめです。

 

他には、サバの切り身やイカの短冊、冷凍イワシなどでもOKです。

 

 

ドラゴンベイトへのエサの取り付け方について簡単に解説します。

 

ドラゴンベイトには、洗濯板のようなギザギザが入っています。

 

この部分に、切り身を乗せて、ワイヤーでしっかりと巻きつけるだけです。

 

特に、両端を少し強めに巻いておくと、エサが取れないので安心です。

 

 

エサの取り付けが完了すれば、いよいよ実釣の開始です。

 

まず、ジグをアンダースローで軽く投げます。

 

そのまま真下に沈めてもよいです。

 

仕掛けを底まで沈めます。

 

(船長から指示がある場合は、指示に従います。)

 

誘い方は、ワンピッチジャークが基本です。

 

スローで行います。

 

最初はどこに太刀魚がいるのかわかりませんので、幅広く探るとよいです。

 

水深の半分ぐらいまで誘って食わなければ、再び底まで沈めます。

 

 

反応があれば、その棚を中心に攻めてみます。

 

反応がなければ、少し速めに誘ってみたり、止めてみたりすると効果的です。

 

エサが付いているので、止めるなどジギングにないアクションが有効である場合があります。

 

速い動きからのフォールで食うこともあります。

 

いろいろ試してみるとよいです。

 

 

数を釣りながら、大型が釣れるというジグです。

 

うまくいけば、その効果を存分に味わえるかもしれません。

 

 

 

 

次へ 「太刀魚の天秤仕掛け

ホーム