太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのリールの選び方

太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのリール及び、PEの選び方について説明します。

 

一般的には、スピニングリールより、両軸リールの方が釣りやすいと言われています。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り 両軸リール

 

船のテンヤ釣りでは、電動リールを使う人が多いです。

 

浅いポイントについては手巻きリールを、深いポイントについては電動リールを使うというように、使い分けてもよいです。

 

私は、電動リールで釣りをしています。

 

よく行く乗合船でも、ほとんどの人が電動リールを使っています。

 

電動リールの方が手返しが早いので、いろいろと便利です。

 

スポンサーリンク

 

 

電動リールは、ダイワなら200サイズか300サイズがよいと思います。

 

道糸を巻く量が、1つの目安になります。

 

両軸リールのサイズも、糸巻量で判断すればよいです。

 

 

私は、ダイワの「レオブリッツ 300Jを使っています。

 

少し前に流行った“ジョグ合わせ”に憧れて購入しました。

 

実際に釣りに行ってみて、“ジョグ合わせ”を体験して大変満足しました。

 

ただ、必ずしも“ジョグ合わせ”がよいとは限らない場面もあるようなので、その辺は状況をみてやっていこうと思います。

 

シーボーグと比べてリーズナブルなので、特に強いこだわりがないのならレオブリッツがおすすめです。

 

レオブリッツ 300J

 

太刀魚の船テンヤ釣りのリール

 

 

 

他には、次のようなリールがおすすめです。

 

 

 

 

アマゾンで他の電動・両軸リールを見る!

 

 

シマノのフォースマスター400/401を使っている釣り人も多いようです。

 

非常に軽量で、親指ですべての操作が行えるという優れものです。

 

 

 

フォースマスター600も人気です。

 

こちらのリールも、親指ですべての操作が行えます。

 

冬場の深場での釣りに対応しています。

 

PE2号が300mも巻けるので、万一の高切れにも安心です。

 

 

 

「プレイズ400」は、ライトゲームに使えるように作られたリールで、太刀魚釣りにピッタリです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「太刀魚のテンヤ釣りのラインの選び方

ホーム