太刀魚の天秤釣り仕掛け

東京湾を中心に人気が高いのが太刀魚の天秤釣りです。

 

ジギングをやる釣り人が増えていますが、まだまだ天秤釣りも負けてはいません。

 

ここでは、太刀魚の天秤釣り仕掛けについてご紹介しています。

 

 

仕掛けは次のとおりです。

 

太刀魚の天秤釣り仕掛け

 

 

ロッド

 

ロッドは、7:3調子の太刀魚専用ロッドまたはゲームロッドがおすすめです。

 

長さは、2m前後が使いやすいです。

 

8:2調子など調子の異なる竿を何本か用意しておくとよいです。

 

 

 

 

リール

 

リールは、小型の電動リールを使います。

 

ダイワなら200番、シマノなら400〜600番がおすすめです。

 

浅場を攻めるのに、手巻きの小型両軸リールを用意しておくとよいです。

 

 

 

 

ライン

 

ラインは、PEの1〜2号を使います。

 

主流は1〜1.5号です。

 

 

天秤

 

天秤は片テンビンを使います。

 

腕長は30cmでよいです。

 

ストレートタイプがおすすめです。

 

 

ハリス

 

ハリスは、フロロカーボンの7〜8号を使います。

 

長さは2mほどです。

 

 

 

針は、太刀魚針2/0を中心に使います。

 

1/03/0も用意しておきます。

 

エサだけ取られて針掛かりしない場合は1/0、針を飲まれる場合は3/0を使います。

 

チモトにケイムラパイプを被せてもよいです。

 

 

オモリ

 

オモリは、30〜80号を使います。

 

水深などによって使い分けます。

 

船で指定されることが多いです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「太刀魚の天秤での釣り方とエサ

ホーム