太刀魚(タチウオ)釣りの時期及び時間帯

太刀魚釣りの時期(シーズン)及び時間帯・潮回り

太刀魚が釣れる時期!冬も釣れる!?

 

太刀魚(タチウオ)釣りの時期(シーズン)についてです。

 

太刀魚は、基本的に年間を通して釣ることができます。

 

もちろん、よく釣れる時期とそうでない時期があります。

 

太刀魚釣りの時期・時間帯・シーズン

 

 

では、どの時期に釣りに行くのがベストなのでしょうか?

 

太刀魚は、船からでも波止からでも釣れます。

 

釣れる時期は、意外なことにそれほど変わりません。

 

もちろん、場所や年などによって異なることはあります。

 

1月

2月

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

 

 

 

太刀魚釣り よく釣れる よく釣れる  太刀魚釣り 釣れる釣れる

 

太刀魚が釣れ出すのは、6月ごろからです。

 

本格的に釣果が伸びるのは、7月ごろからとなります。

 

“夏タチ”という言葉を聞いたことがある人もいるかもしれません。

 

“夏タチ”とは、夏タチウオのことです。

 

夏が好シーズンであることを意味しています。

 

暑くなるにつれてどんどん釣れ、9〜10月がベストシーズンとなります。

 

 

11月ごろから、気温の低下と共に数が減っていきます。

 

12〜1月ごろは大型が狙えます。

 

冬などの寒い時期でも釣れなくはありませんが、一般的には太刀魚のシーズンは1月ぐらいで終了します。

 

 

上記以外(2月〜5月)についても、太刀魚がまったく釣れないわけではありません。

 

数は減りますが、この時期でもb十分楽しめます。

 

 

太刀魚が釣れる時間帯!夜間と日中のどちらがよい!?

 

太刀魚(タチウオ)釣りの時間帯についてです。

 

太刀魚は、夜行性の魚です。

 

暗くなると、浅場で活発にエサを求めて動き回ります。

 

 

夕暮れとともに、沖から岸の方へやって来ます。

 

そのため、波止から太刀魚を釣る場合、接岸してくる日暮れから夜明けまでに釣ることができます。

 

特に、夕マズメから午後9時ごろ朝マズメ前後1時間に当たりが多いです。

 

日中は沖にいるので、釣るのは難しいです。

 

波止釣りでは、朝マズメか、夕マズメかのどちらかが入る時間帯に釣りに行くようにします。

 

活発にエサを追いかける。

岸から離れて沖の方へ行く。喰わなくなる。

夕方

沖から岸の方へやって来て、活発にエサを追いかける。

岸の近くにいる。

 

よく釣れる時期や時間帯を中心に攻めると、釣果のアップが見込めます。

 

年によっても異なりますので、釣果情報はこまめにチェックしてください。

 

 

船から太刀魚を釣る場合、沖に出て釣るので、明るくなってからでも釣れます。

 

夜釣りをする船もありますが、基本的には夜明けから午前中いっぱいの釣りが多いです。

 

経験上、午前10時ぐらいまではよく釣れますが、それ以降は当たりが遠のくことが多いです。

 

釣りに行く場所や潮周り・時合などによっても変わります。

 

 

太刀魚釣りに適した潮回り

太刀魚(タチウオ)釣りに適した潮回りについてです。

 

一般的に、太刀魚釣りは潮が速いとよくないと言われています。

 

そのため、小潮中潮が適しています。

 

実際、このような潮の日の釣果がよいように感じます。

 

もちろん、小潮や中潮の日に釣りに行けば、必ず釣れるものではありません。

 

それほど単純なものではありません。

 

 

それでも、太刀魚釣りは適度に潮が流れている日がおすすめなことは確かです。

 

潮が速すぎても、止まっていても、あまりよくありません。

 

太刀魚は神出鬼没な魚だけに、潮回りだけではなかなか釣果を予想することは難しいです。

 

釣れるかどうかは、運次第です。

 

 

太刀魚が釣れる時期と時間帯・潮回りは、年によってかなり異なることがあります。

 

そのため、最新の情報をもとに判断するとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)の締め方

ホーム