太刀魚(タチウオ)の船ジギング仕掛け(ルアー、リーダー、フックなど)

太刀魚(タチウオ)の船ジギング仕掛け(ルアー、リーダー、フックなど)

太刀魚(タチウオ)のジギング仕掛け(ルアー、リーダー、フックなど)について説明します。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り メタルジグ 仕掛け

 

 

リーダー

リーダーには、フロロカーボン5号〜10号(2〜4ヒロ)を使います。

 

活性が高い時は切られやすいので、もう少し太くてもよいです。

 

ワイヤーリーダーはおすすめしません。

 

食いが悪くなります。

 

切られるリスクは高いですが、フロロカーボンの方がよいと思います。

 

食いが悪い時は、より細くしたり、リーダーなしでやってみるのもよいです。

 

ただ、仕掛けを切られる覚悟で行わないといけませんが。

 

スポンサーリンク

 

 

ルアー(メタルジグ)

 

メタルジグは、60〜160gを使用します。

 

行く場所によっては、もっと重い250gぐらいまでを使うこともあります。

 

80gや100gの出番が多いと思います。

 

“m数=ジグの重さ”という人もいます。

 

水深60mなら60gというように。

 

人によっていろいろです。

 

ただ、探る水深や、潮の流れによって、ジグを使い分けている人が多いです。

 

 

形状は一般的な平型をはじめ、ロングジグやショートジグなどさまざまです。

 

色についても、絶対にこれと言えるものはありません。

 

定番カラーから―としてはシルバー、グロー、ゴールド、ピンク、パープルなどがあります。

 

ピンク系がいいという人もいれば、ゴールドやシルバーをすすめている人もいます。

 

釣りに行く場所や状況によっても変わってきます。

 

事前に船長に確認しておくとよいでしょう。

 

念のため、いろいろな重さや色のジグを用意しておいた方がよいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フック

普通、メタルジグには2つのフックを付けます。

 

フロントフックとリアフックです。

 

フロントフックとは、ジグの上部分に付いているもので、リアフックとはジグの下部分に付いているものです。

 

フックは、少し小さめのものにした方がよいです。

 

大きいと、ジグの動きが悪くなって、食いが落ちます。

 

小さくても、強度的には問題ありません。

 

両フックとも、トリプルフックを付けるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)の船ジギングの釣り方

ホーム