太刀魚(タチウオ)の船ジギング仕掛け(ルアー、リーダー、フックなど)

太刀魚(タチウオ)の船ジギング仕掛け(ルアー、リーダー、フックなど)

太刀魚ジギング(船)とは?

太刀魚ジギング(船)とは、どのような釣り方なのでしょうか?

 

太刀魚ジギングは、縦方向(フォールを含む)の動きと速さで誘って釣る方法です。

 

どちらかと言えば、朝マズメなどの活性の高い太刀魚がターゲットです。

 

小気味よいアクションで反射的に食わせます。

 

素早く底から中層まで探ることができるので、効率よく釣ることができます。

 

 

メタルジグには、フロントとリアにそれぞれフックを装着します。

 

これにより、フッキングの確率が高くなります。

 

太刀魚のじゃれてくるような当たりや浅い当たりでも、しっかりとフッキングさせることが可能です。

 

スポンサーリンク

 

 

太刀魚ジギングの仕掛け

太刀魚(タチウオ)のジギング仕掛け(ルアー、リーダー、フックなど)について説明します。

 

仕掛けは次のとおりです。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り メタルジグ 仕掛け

 

 

ジギングロッド・リール・ラインについてはこちらを参照!

 

 

リーダー

リーダーには、フロロカーボンの8〜12号(2〜4ヒロ)を使います。

 

活性が高い時は切られやすいので、もう少し太くてもよいです。

 

ライン(PE)と直接つなぐとバランスが悪くなるので、間にフロロカーボンの3号前後を挟むとよいです。

 

ワイヤーリーダーはおすすめしません。

 

食いが悪くなります。

 

切られるリスクは高いですが、フロロカーボンの方がよいと思います。

 

食いが悪い時は、より細くしたり、リーダーなしでやってみるのもよいです。

 

ただ、仕掛けを切られる覚悟で行わないといけませんが。

 

 

ルアー(メタルジグ)

 

メタルジグは、60〜160gを使用します。

 

行く場所によっては、もっと重い250gぐらいまでを使うこともあります。

 

80gや100gの出番が多いと思います。

 

“m数=ジグの重さ”という人もいます。

 

水深60mなら60gというように。

 

人によっていろいろです。

 

ただ、探る水深や、潮の流れによって、ジグを使い分けている人が多いです。

 

 

形状は一般的な平型をはじめ、ロングジグやショートジグなどさまざまです。

 

色についても、絶対にこれと言えるものはありません。

 

定番カラーから―としてはシルバー、グロー、ゴールド、ピンク、パープルなどがあります。

 

ピンク系がいいという人もいれば、ゴールドやシルバーをすすめている人もいます。

 

釣りに行く場所や状況によっても変わってきます。

 

事前に船長に確認しておくとよいでしょう。

 

念のため、いろいろな重さや色のジグを用意しておいた方がよいです。

 

 

<おすすめ>

 

  • 朝マズメなど光量が少ない時は、夜光系カラー
  •  

  • 日中の明るい時は、フラッシング系カラー
  •  

  • 水が濁っている時は、ゴールド系
  •  

  • 水が澄んでいる時は、シルバー系
  •  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランカのカラーについて

 

カラーはいろいろあります。

 

どのカラーを購入すればよいのか迷っている人も多いと思います。

 

おすすめは、レッドゴールドとパープル、ピンクの3つです。

 

それにチャートを用意しておけばかなり安心です。

 

朝一レッドゴールが有効です。

 

ゴールドは少ない光を吸収して発色してくれるので、アピール力が大きくなるのです。

 

日中パープルピンクが有効です。

 

もちろん、日によってかなり差が出ることもあります。

 

参考までに。

 

 

※ブランカ以外のジグでも、それほど変わらないと思います。

 

 

 

 

 

タチジギ道場のタイプについて

 

タチジギ道場には、スタンダードタイプスローフォールタイプがあります。

 

スタンダードタイプ
 

ワンピッチを極めた定番スタイルのジグです。

 

きびきび動くので、シャクッて巻き上げてステイで食わせるのに適しています。 

 

パイロットルアーとして使うといです。

 

 

スローフォールタイプ
 

見せて食わせるスタイルのジグです。

 

ひらひらフォールしてアピールできるので、巻き上げた後のフォールで食わせるのに適しています。 

 

スタンダードタイプで食わない時に使ってみるとよいです。 

 

 

どちらがよいとは言えません。

 

状況に応じて使い分けるのがベストです。

 

両タイプを用意しておくとよいでしょう。

 

 

 

 

これに入れて持っていくと、交換などがスムーズに行えます。

 

釣行後は、丸ごと洗えて便利です。

 

 

 

サビキ仕掛けを付けることで、ヒットの数を増やせる可能性があります。

 

ショアジギング用の仕掛けですが、船でのジギングでも使えます。

 

意外と食ってくれます。

 

やってみる価値はありそうです。

 

「太刀魚をルアーで狙う際のジグは?ショアジギング編」を参照!

 

 

フック

普通、メタルジグには2つのフックを付けます。

 

フロントフックとリアフックです。

 

フロントフックとは、ジグの上部分に付いているもので、リアフックとはジグの下部分に付いているものです。

 

フックは、少し小さめのものにした方がよいです。

 

大きいと、ジグの動きが悪くなって、食いが落ちます。

 

小さくても、強度的には問題ありません。

 

リアフックには、トリプルフックを付けるとよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)の船ジギングの釣り方

ホーム