太刀魚(タチウオ)釣りのエサ及び付け方!キビナゴ・イワシなど

太刀魚(タチウオ)釣りのエサ及び付け方!キビナゴ・イワシなど

太刀魚(タチウオ)のオカッパリでの釣りのエサの種類及び付け方についてご紹介しています。

 

太刀魚釣りには、いろいろなエサが使われています。

 

 

太刀魚釣りのエサの種類

では、どのようなエサを好むのでしょうか?

 

太刀魚が好むのは、体がよく光り、匂いが強いエサです。

 

次の5種類の魚が挙げられます。

 

 

キビナゴ

太刀魚釣り エサ キビナゴ

 

いろいろな釣り方に使えます。

 

体がよく光るので、太刀魚の反応がよいです。

 

釣り方などによって変わることもありますが、オカッパリではもっとも人気のあるエサです。

 

 

イワシ

太刀魚釣り エサ イワシ

 

定番中の定番です。

 

匂いが強く、太刀魚の反応がよいです。

 

 

アジ

太刀魚釣り エサ アジ

 

ウキ釣りや泳がせ釣りに使えます。

 

あまり大きすごない方がよいです。

 

 

サヨリ

太刀魚釣り エサ サヨリ

 

身持ちがよいので、比較的長く使えます。

 

小さめの方がよいです。

 

 

ドジョウ

どじょう

 

体が光るので、アピール力が強いです。

 

引き釣りで人気のエサですが、地域によって使うところと、使わないところがあります。

 

 

エサのサイズは、大きいほどアピール力が高くなります。

 

しかし、針掛かりが悪くなったり、投げづらくなったりするなどのデメリットもあります。

 

 

太刀魚釣りのエサの付け方

エサの付け方には、いろいろとあります。

 

ここでは、代表的な付け方をいくつかご紹介します。

 

1本針

目から針を入れて、目の中にリーダーをくぐらせます。

 

最後に背中に針を刺します。

 

太刀魚釣り エサ 付け方

 

 

 

2本針

上の針を背中の前側に、下の針を尻尾の手前に刺します。

 

太刀魚釣り エサ 付け方

 

 

 

3本針

上の針を目に、真ん中の針を腹に、下の針を尻尾に刺します。

 

下の針は、刺さずにフリーの状態にしておいてもよいです。

 

ただし、真ん中の針と下の針にトリプルのものを使った場合です。

 

太刀魚釣り エサ 付け方

 

 

 

どのように付ける場合でも、エサは必ずまっすぐの状態で付けるようにします。

 

まっすぐ付けないと、エサが回転してしまって太刀魚の食いが悪くなってしまいます。

 

特に、冷凍された魚は注意が必要です。

 

 

テンヤへの針のかけ方は、「船テンヤ釣りのエサの種類及び付け方」を参照してください。

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)のワインドロッド(タックル)

ホーム