太刀魚(タチウオ)のウキ釣り (仕掛け、タナ、エサなど) 仕掛けと釣り方

太刀魚のウキ釣り 仕掛けと釣り方

太刀魚のウキ釣り仕掛けについて説明しています。

 

ウキ釣りは、ウキ下を調整することで表層から下層まで幅広く狙うことができます。

 

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り ウキ仕掛け

 

 

太刀魚のウキ釣りの竿(ロッド)

 

太刀魚のウキ釣りの竿(ロッド)についてです。

 

竿は、4.5〜5.4mの磯竿(2〜3号)波止竿を使用するとよいです。

 

長めの竿を使うと、広範囲を探りやすいです。

 

 

 

 

最近は、エギングやシーバス、チヌ、バス用の竿を使う人も増えています。

 

長さは、2〜3mと短めです。

 

仕掛けをキャストするなど、短い方がやりやすいです。

 

操作性を重視するなら、短めの竿がおすすめです。

 

 

太刀魚のウキ釣りのリール・道糸(ライン)

 

リールは、キャストしてもバックラッシュしないスピニングリールを使います。

 

サイズは、2500〜3000番がぴったりです。

 

 

 

 

道糸は、ナイロン4〜5号を150mほど巻いておくとよいです。

 

釣り方や狙う太刀魚のサイズなどによっては、2〜3号でもいけます。

 

ナイロンではなく、PEでもOKです。

 

その場合は、リーダーが必要となります。

 

ナイロンやフロロカーボンを3〜5mほどセットしておきます。

 

 

太刀魚釣りで使うウキ

 

ウキは、夜釣りなので電気ウキ(2〜3号)を使います。

 

もちろん、状況によっては他のサイズのウキを使うこともあります。

 

サイズは、潮の速さや狙う水深・ポイントの距離などで決めます。

 

基本的には、潮が速い、水深が深い、距離が遠いほど重いオモリを使うことが多いので、大きなウキを使います。

 

遊動ウキ仕掛けでセットします。

 

 

 

 

ハリスや針については、市販の専用仕掛けを使うとよいです。

 

針のサイズは、3〜6号がおすすめです。

 

いろいろなタイプの仕掛けがありますが、基本的には好みで選べばよいです。

 

ケミホタルについては、太刀魚にアピールするために取り付けます。

 

 

ワイヤーの使用についてです。

 

ワイヤーはない方がよく食いますが、切られてしまってバレる確率が高くなります。

 

どちらを取るか、判断しなければなりません。

 

 

エサは、キビナゴがよく使われます。

 

他には、イワシやサヨリ、サバの切り身などが使われます。

 

詳しくはこちらを!

 

スポンサーリンク

 

 

太刀魚のウキ釣りの釣り方

太刀魚のウキ釣りの釣り方について説明しています。

 

明るいうちは沖の深場を、暗くなると近くの浅場を狙うとよいです。

 

ウキ下は、2mから始め、当たりがなければ、もっと深いところを探ります。

 

良型を狙うのなら、深場を攻めます。

 

 

ウキ釣りはエサを潮で流し、たまに仕掛けを引いて誘いをかけて食わせる釣りです。

 

誘った後に食ってくることが多いです。

 

 

太刀魚が食ってくると、一気にウキが真下に沈むこともありますが、3分以上かかってやっと沈むこともあります。

 

真下に仕掛けが沈む時は、良型であることが多いです。

 

小さな当たりがあれば、糸ふけをとっていつでも合わせられるように準備します。

 

竿が強く引き込まれれば合わせます。

 

 

ウキが横に走っていくこともあります。

 

このような当たりの場合は、小型であることが多いです。

 

ウキが深くまで沈めば、ゆっくり合わせます。

 

 

他にも、いろいろな当たりがあります。

 

どのような当たりであっても、早合わせは禁物です。

 

ウキが海面に沈んで、見えなくなるぐらいまで待ってもよいです。

 

ウキが沈んだら、いきなり合わせずに、ラインを張った状態にして竿を立て、その際に重みを感じたら合わせます。

 

こうすることで、空合わせが減ります。

 

 

後は、いかに早く太刀魚がいる棚を見つけられるかが、大きなカギです。

 

確率を上げるために、竿を何本か出してもよいです。

 

また、ウキ釣りはウキを見ていれば当たりがわかるので、置き竿にして、引き釣りなどを同時に行ってもよいです。

 

ただ、混み具合や潮が速い時は控えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)の引き釣り(テンヤ釣り)

ホーム