ライトタチウオ仕掛けと釣り方【天秤仕掛け】

ライトタチウオ仕掛けと釣り方【天秤仕掛け】

ライトタチウオ仕掛け(天秤仕掛け)

ライトタチウオ仕掛け(天秤仕掛け)について説明しています。

 

東京湾や和歌山方面では、この釣り方がよく行われているようです。

 

乗合船でも、この釣り方で釣っている人を見かけることがあります。

 

エサが潮の流れでふわふわと揺れるので、よい誘いがかかるのかもしれません。

 

 

仕掛け一式は、次のとおりです。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り テンビン仕掛け

 

太刀魚釣り タチウオ釣り テンビン仕掛け

 

エサは、サンマやサバの切り身を使います。

 

 

ロッドは、オモリ負荷が50号7:3か8:2調子のものが使いやすいです。

 

長さは、2m前後がよいです。

 

 

 

 

 

 

リールは、電動リールでも手巻きリールでも構いません。

 

個人的には、電動リールをおすすめします。

 

手返しが早いのが魅力です。

 

ダイワなら200〜300サイズが使いやすいです。

 

 

 

 

 

オモリは、40〜50号を使います。

 

狙う水深や潮の速さなどによっては、他の重さを使うこともあります。

 

 

ライトタチウオの釣り方

ライトタチウオの釣り方についてご紹介しています。

 

主な釣り方として、“電動リールによるスロー巻き”、“ゆっくりと手で巻く”、“シャクリを入れながら巻いて誘う(ワンピッチジャーク)”、“何もせず当たりを待つ”があります。

 

エサを使っていますので、ルアーほど誘いを入れなくてもよいです。

 

とは言っても、日によってよく当たる誘い方は異なります。

 

いろいろと試してみましょう。

 

 

おすすめは、ワンピッチジャークでの誘いです。

 

最初はハンドル2分の1回転で、ややキレのある誘い方でやってみるとよいです。

 

まずは、様子見です。

 

釣れなければ、巻き上げる距離や速さなどに変化を付けます。

 

 

当たりがあれば、すぐに合わせます。

 

針がかりすれば、緩めることなく巻き上げます。

 

 

当たりがあっても、なかなか針がかりしない時はどうすればよいのでしょうか?

 

基本的にはシャクらずに、リールをゆっくり巻いて食ってくるのを待ちます。

 

または、巻くのはやめてシャクリはそのまま続けます。

 

その場で、エサだけを動かしているイメージです。

 

このどちらかで、太刀魚が食い込むのを待つとよいです。

 

 

寒くなると、あまり速く誘わない方がよいです。

 

ただ、速く誘ったり、底付近で誘わずにじっと待っている方がよいこともあります。

 

 

エサの付け方

 

エサのサンマやサバの切り身は、縫い刺しで針に取り付けます。

 

皮ではなく、身の方から通すと、エサが針から外れにくくなります。

 

エサが回転しないように、まっすぐ通すように心掛けます。

 

 

 

<参考動画>

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚をライトタックルで狙う!仕掛けと釣り方

ホーム