投げテンヤで狙う太刀魚釣りの仕掛けと釣り方

投げテンヤで狙う太刀魚釣りの仕掛けと釣り方【ショアテンヤ】

太刀魚釣りの投げテンヤ仕掛け

太刀魚釣りの投げテンヤ仕掛けについてご紹介しています。

 

おかっぱりからの太刀魚釣りと言えば、ワインドです。

 

ショアジギングも人気です。

 

他にも、よく釣れる釣り方があります。

 

それが、投げテンヤです。

 

投げテンヤは、ドジョウやキビナゴ、サンマなどのエサを使って行われてきました。

 

しかし、今ではワームを使って釣るのが人気です。

 

 

ワームを使った投げテンヤ仕掛けは、次のとおりです。

 

投げテンヤ 仕掛け

 

 

基本的な仕掛けは、ワインドとほぼ同じでOKです。

 

そのため、ワインドで食いが渋い時に試してみるとよいです。

 

ロッド

ロッドは、太刀魚投げテンヤモデルがおすすめです。

 

ワインドロッドでもOKです。

 

他には、シーバスロッドエギングロッドでも問題ありません。

 

長さは、9フィート前後がよいです。

 

 

 

ワインドロッドについてはこちら!

 

 

リール・ライン・リーダー

リール・ライン・リーダーについては、ワインドと同じです。

 

リール・ラインについてはこちら!

 

リーダーについてはこちら!

 

 

テンヤ・ワーム

テンヤは、太刀魚専用の投げテンヤを使います。

 

ヘッドの重さは、10〜30gがおすすめです。

 

ヘッドに専用のワームを装着するだけです。

 

形状は、シャッドテールピンテールがよく使われます。

 

夜光タイプが人気です。

 

 

 

 

 

 

太刀魚釣りの投げテンヤの釣り方

太刀魚釣りの投げテンヤの釣り方についてご紹介しています。

 

仕掛けをキャストし、着水すればすぐに誘い始めます。

 

始めは、表層から攻めるとよいです。

 

基本的には、スローのただ巻きでOKです。

 

たまに止めるのもよいです。

 

 

当たりがなければ、カウントダウンで仕掛けを徐々に沈めていきます。

 

この時、重いテンヤを使っても構いません。

 

明るいうちは、太刀魚が底にいることも多いので、最終的には底付近まで攻めるようにします。

 

暗くなると、中層〜表層を狙うのが一般的ですが、釣れない時はいろいろな棚を攻めてみましょう。

 

 

誘いはただ巻くだけでよいのですが、どの棚を引いてくるかについては注意が必要です。

 

活性が上がってくると、棚が上がってくることが多いので、狙う棚を徐々に上げていくとよいです。

 

 

ワームの形状に応じて、誘い方を変えます。

 

・シャッドテール:ただ巻き    

 

・ピンテール:ただ巻き フォールを入れると効果的です。

 

 

 

ワームでの反応がイマイチなら、エサを試してみましょう。

 

エサを装着できるタイプのテンヤなら、キビナゴやイワシなどを付けるとよいです。

 

エサを付けた途端食ってきたということもあります。

 

できることは何でもやってみます。

 

 

ワインドの早い動きに反応しなくなった時などは、投げテンヤの出番です。

 

初めて太刀魚釣りに行く人にも、簡単なのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚をルアーで狙う際のロッド・リール・ラインは?ショアジギング編

ホーム