太刀魚(タチウオ)のワインド リール及びライン

太刀魚(タチウオ)のワインド リール及びライン

リール

太刀魚(タチウオ)のワインドに使えるリールについて説明します。

 

とにかく投げてシャクリまくる釣りなので、リールにもこだわった方がよいかもしれません。

 

 

リールの大きさは、2500番〜3000番クラスのスピニングリールが最適です。

 

2000番クラスでも、使えないことはありません。

 

何度も投げては巻いてくるので、丈夫なリールを選びましょう。

 

ハイギアモデルより、ノーマルギアモデルの方がよさそうです。

 

ロッドのように、リールは専用のものがありませんので、条件を満たすようなリールを探してみてください。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

シーバスやエギングで使っているものでも構いません。

 

もちろん、船のテンヤ釣りをする人は兼用で使ってもよいです。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り ワインド釣法 リール

 

 

ライン

ラインは、必ずPEにしてください。

 

ナイロンやフロロカーボンは太いので、投げても飛距離がでません。

 

しかも、誘った時にラインが伸びてしまって、あまり誘いがかかりません。

 

その点、PEは飛距離が出て、ラインがほとんど伸びませんので、誘いがダイレクトに伝わります。

 

ナイロンを使ったがために、全然釣れないということも結構あります。

 

そうならないように、PEを巻きましょう。

 

 

PEの太さですが、0.6〜1号がおすすめです。

 

これぐらいの太さを選ぶのは、飛距離と感度を重視するためです。

 

太いと飛距離が出ませんし、繊細な当たりを見逃してしまいます。

 

ルアーを確実にダートさせるという点でも、あまり太いPEはおすすめしません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)のワインド仕掛け(ジグヘッド、リーダー、ケミホタルなど)

ホーム