太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのエサの種類(イワシ・サンマなど)及び付け方

太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのエサの種類及び付け方

太刀魚(タチウオ)の船テンヤ釣りのエサの種類及び付け方について説明します。

 

 

エサの種類

エサには、イワシやサンマ、アジ、キビナゴ、サヨリなどが使われます。

 

私は、テンヤには冷凍イワシを付けています。

 

胴突テンヤ仕掛けで太刀魚を狙う時は、追加した枝針にサンマの切り身を使っています。

 

釣りにいく場所や船、時期によっても、全然違うようです。

 

ただ、このエサなら絶対と言えるものはないようです。

 

 

テンヤ釣りなら、イワシがおすすめです。

 

イワシは他の魚に比べて、臭いの効果が期待できるそうです。

 

船長に、そのように教えてもらった記憶があります。

 

 

イワシの付け方を工夫することで釣果アップを図ることができます。

 

潮が濁っている時

1匹付けでシルエットを大きく見せます。

 

小型が多い時・当たりが少ない時

頭を除いてシルエットを小さくします。

 

 

最近では、サンマを3枚おろしにしてテンヤに付けると好調に食ってくるようです。

 

大きければ、3枚おろしの半分でもよいです。

 

イワシではあまり食わなくても、サンマならよく食ことがあります。

 

念のために、用意しておくとよいでしょう。

 

 

冷凍イワシです。
太刀魚釣り エサ 付け方 イワシ

 

 

スポンサーリンク

 

 

エサの付け方

今回は、おすすめの冷凍イワシをテンヤに付けてみます。

 

若干、テンヤの種類により付け方が異なります。

 

 

まず、イワシをテンヤにセットします。

 

エサ止めが1本の場合と、2本の場合では異なります。

 

エサ止めが1本のテンヤの場合

テンヤ針をイワシの肛門の辺から尻尾の方へ刺します。

 

そして、尻びれの辺から針を抜きます。

 

最後に、エサ止めをイワシの頭の下に突き刺します。

 

イワシの大きさなどによっても、変わってきますので、ある程度調整してみてください。

 

エサ止めが2本のテンヤの場合

この場合、テンヤ針はイワシには刺しません。

 

2本のエサ止めをイワシの頭とお腹の辺に突き刺します。

 

 

あくまで、これは私自身が行っている方法です。

 

人によっても、違うかもしれません。

 

 

どちらの場合でも、針金をイワシに巻き付けて、テンヤにしっかりと固定しなければなりません。

 

付け方は、図のとおりです。

 

 

太刀魚釣り タチウオ釣り エサ 付け方

 

 

針金は、頭と尻尾の少し手前部分にしっかりと巻き付けます。

 

特に、頭部は念入りに巻いてください。

 

逆に、お腹は軽く巻く程度してください。

 

冷凍のエサは、凍っている間はまだいいのですが、解けてくるとすぐにボロボロになってしまいます。

 

調子に乗って強く巻くと、針金でエサがダメになってしまいます。

 

 

あと注意して欲しいのが、あまり尻尾の先までは針金を巻き付けないでください。

 

尾びれが揺れることで、太刀魚の活性が上がることがあります。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「ライトタチウオテンヤの仕掛けと釣り方

ホーム