太刀魚(タチウオ)のワインド仕掛け(ジグヘッド、リーダー、ケミホタルなど)

太刀魚(タチウオ)のワインド仕掛け(ジグヘッド、リーダー、ケミホタルなど)

太刀魚(タチウオ)のワインド仕掛けは、次のとおりです。

 

太刀魚釣り タチウオ釣り ワインド釣法 仕掛け

 

 

ルアー

ジグヘッド

ワインド専用のジグヘッドが販売されています。

 

よく使われるのは、1/2オンスです。

 

風が強い時などのために、5/8オンスを用意しておくとよいです。

 

色ですが、シルバーとゴールドは購入しておきたいですね。

 

基本となるのはシルバーで、ゴールドは濁っている時に使うとよいと言われています。

 

 

 

 

 

 

ジグヘッドに、フックとアシストフックを装着します。

 

どちらも、ワインド専用のものがあります。

 

フック

トリプルフックの1番2番を使用します。

 

アシストフック

太刀魚は捕食が得意とは言えませんので、アシストフックの有無で釣果が変わってきます。

 

シングルフックとダブルフックがあります。

 

ルアーのバランスを考えると、シングルの方がよいようです。

 

 

今人気のアシストフックです。

 

ソリッド構造のフックアイのため、ズレにくくなっています。

 

しかも、セットしやすいです。

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

 

 

ワーム

断面が三角形にになっている、ワインド専用のワームを使います。

 

大きさは、75〜90mmです。

 

色は、最低でも白系ピンク系は用意しておきましょう。

 

白系が基本になります。

 

また、蓄光素材を用いたタイプが人気です。

 

このワームをジグヘッドに装着します。

 

そうすることで、左右のダートアクションが生まれるようになっています。

 

 

 

 

 

 

ジグヘッドとワームは、次のように組み合わせます。

 

 

 

リーダー

リーダーは、2種類取り付けるのが一般的です。

 

ラインのPEに、まずフロロカーボンのリーダーを直結します。

 

16〜20lbぐらいのフロロカーボンを使います。

 

そして、そのリーダーとワイヤーリーダーをスナップでつなぎます。

 

 

ライン切れを防ぐためにも、ワイヤーリーダーを使ってください。

 

そうしないと、太刀魚の鋭い歯でラインが切られてしまいます。

 

ほぼ一撃でしょうね。

 

ワイヤーリーダーは、なるべく短い方が食いがよいように思います。

 

10〜20cmほどで十分です。

 

スポンサーリンク

 

 

ケミホタル

ワインドの場合は、特別なケミホタルがあります。

 

普通のケミホタルと違って、先端がスクリューになっていて、ワームにねじ込めるようになっています。

 

必ずいるものではありませんが、ワームが光るようになるだけに、太刀魚へのアピール度は全然違います。

 

このケミホタルは、「ケミチューン」というものです。

 

せっかくなので、釣果アップのために付けておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

次へ 「太刀魚(タチウオ)のワインド 釣り方及び時間、アクション

ホーム